メニューが豊富な鉄板焼きは東京でも大人気です。

鉄板焼きと聞くと、お好み焼きやもんじゃ焼きを連想します。具と粉を混ぜて焼くのは昔ながらの定番メニューとして愛されてますね。また、分厚いステーキ肉やアワビ、エビなどの鉄板焼きも幅広い年代に好まれてます。お酒を飲みながら食べる、食べながらお酒を飲むというスタイルはとても食が進みますので、ガッツリ食べたいときは鉄板料理を選ぶパターンが多いです。

東京にもSNSで掲載されるお店がとても多く、宣伝をしなくても口コミでおいしさが広まる鉄板焼き店が目立ちます。画像もたくさん見つけられますね。生野菜は硬いので、たっぷり食べるのが大変です。ですが、キャベツやニンジンなどを鉄板で焼くと水分が蒸発して量が減りますのでたくさん食べることができるので野菜焼きを注文する女性客が多いです。

また、鉄板で肉を焼くと不要な脂を落とせるので、ヘルシーでダイエットになるということから鉄板焼きはダイエットメニューとして取り入れられてるのですね。東京では、各地方の特産物を取り入れた日替わりメニューも多いです。例えば、長野県から取り寄せた松茸焼きや、四万十川の川エビ焼きなど、その日に仕入れることができた食材をメインに扱って客を呼んでます。新鮮な食材をあっさりと鉄板で焼くのがおいしいのです。

調味料たっぷりで煮込んだりして食材の風味が調味料で負ける、などのことがなく、軽く焼くことで触感や風味をしっかりと味わえるのが鉄板料理の特徴ですので、少しだけ塩こしょうをかける程度で満足に味わえるのです。東京は海の物、山の物の仕入れルーツが非常に良くできてますので、食べられないものは無いくらいに食材があふれてます。鉄板焼きは単品で注文できますので、松茸焼きだけを食べたいなら松茸だけを注文して焼いて食べることができますので、気軽に各地方の味を楽しめるのも人気のポイントの一つです。鹿児島牛のギフトのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする