愛すべき郷土料理「もつ鍋」

みなさんはもつ鍋を御存知でしょうか。寒い季節に、身体の芯から温まることが出来る福岡県福岡市発祥の郷土料理です。もつ肉とニラを入れたアルミ鍋にいれて、しょう油味に炊いたものがそのルーツといわれ、古くは第二次世界大戦後まで遡ります。別名ホルモン鍋ともいわれるもつ鍋は、福岡からやがて全国へ広がり、関東で博多風のもつ鍋店がオープンするや否や、その安さ、ボリュームと味が広く受け入れられ、バブル崩壊後の時代背景と相まって新語・流行語大賞に選ばれるほどの一大ブームを巻き起こしました。

その後、BSE問題などの向かい風にさらされ、人気は収束しつつありましたが、発祥の地である福岡では、根強い人気を博して止みません。有名な博多ラーメンに次ぐ家庭料理として今も愛され続けています。調理法も様々ですが、最近では、鰹や昆布でダシをとり、さらに醤油や味噌で味つけ、その中にニラ、キャベツ、もつの臭みを消すためのにんにくを入れるスタイルが主流です。唐辛子をいれ辛味に変化を付けたり、締めにちゃんぽんを入れるなど自由に楽しめる食べ方があるのも特徴です。

ブームは去りましたが全国にもまだまだファンは多く、ネットの普及した現代において、もつ鍋はお取り寄せできる鍋のランキングでもいつも上位を占める人気の鍋です。本場へ行って食すのも多いに結構ですが、今の時代は簡単にネットを通じて注文が出来る時代です。この機会に福岡の郷土愛を舌で感じてみるのも良いのではないでしょうか。鹿児島牛の焼肉セットの通販のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする