美味しいもつ鍋は入れる順番が大事

美味しいもつ鍋をお店だけではなくて自宅でも食べたいと思う人は少なくてありません。作ったとしても、上手に作ることがなかなかできなかったりしてしまう人もいますし、スーパーや通販などで売られているものを利用しても上手くできないという人もいます。どちらにも共通していることは、具材を入れる順番を知らないことにあります。もの順番を守って作ると想像以上に美味しいもつ鍋を作ることができるので覚えておくと良いです。

まず、もつ鍋に欠かせない具材と言えば、ニラとキャベツです。その他にたくさんの野菜を入れることも魅力的ですが本場の鍋はシンプルに作られているので基本的にこの2種類が入っていれば美味しく仕上げられます。シメは雑炊にするよりもちゃんぽんにする方が合っているのでちゃんぽん用の麺を用意しておくと良いです。具材の順番はまず、キャベツを鍋に敷いて山のようにします。

次にその上にもつを並べ、最後にニラを載せます。そこから煮込んでいくとお店のような美味しい鍋に仕上がります。さほど難しいことはしていませんが、キャベツを下に敷くことによってたっぷりとキャべツから水分を出させることがポイントです。そして具材も少し大きめに切っておくと食感を楽しむことができるので非常に良いです。

ただ、キャベツはすぐに火が通るわけではないので、くたくたに煮えてからもつとニラを入れるようにしてください。ニラはさっと煮るだけで美味しく食べられるので重宝します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする