日本では幅広い年代の方が、あるお料理を好物にあげられています。それはカレーであり、いまでは毎週1回以上は食べているという方も珍しくはありません。1890年に横浜でイギリス人宣教師が開設した施設で振舞われ、一気に国内全土へと普及をしました。当初はライスカレーと呼ばれており、御飯がメインとなるスープ形式でした。

そして国内で色んなアレンジをされていき、いまでは本場インドよりも豊富なメニューで色んな飲食店で販売をされています。2000年以降になると、ご当地メニューが登場をするようになりました。そのなかでも北海道限定コーンポタージュカレーは、絶大な人気を誇っておりネット通販でも買えます。簡単に通販で買えるコーンポタージュカリーをご紹介しましょう。

コーンポタージュは粉末状になっており、あとから振りかけるというのが基本。スープ状のルーがレトルトパウチに入っており、さきに湯煎をして温めます。通販によっては北海道の名店が監修をした商品もあって、そのケースだとコーンポタージュもすでに混ぜられている場合があるわけです。もし長期間の保存を望まれるようであれば、なるべく粉末スタイルの品を購入することをおすすめします。

コーンポタージュはそのまま食べると少し甘すぎて、御飯のお供にするのが難しいもの。大人だと苦手だと言われる方も多いですが、お子さんはこちらの方が好まれるので、ルーに入れる時は多い目にするのもポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です